見学・資料請求・
お問い合わせ
Click

ご入居者 お客様インタビュー

アズハイム一之江N.T 様

妻の介護の軽減や今後の私自身の生活を考えて「アズハイム一之江」を選びました。

「アズハイム一之江」への
ご入居を決めた経緯をお話しください。

学生時代から続けている趣味のコーラスを
今も楽しんでいらっしゃるN.T様。
充実のホームライフお尋ねしました。

N様
数年前から妻が介護サービスを受けるようになり、妻のために入居できるホームを探していました。娘と私と2人でホームを探している最中に、娘が「お父さんもお母さんと同じホームに入居したらどうか」と提案されたのがきっかけです。私も妻に会うこともできるし、日常の生活の細々したこともホームのスタッフの方々にサポートしていただけると考えて入居を真剣に検討し、こちらの「アズハイム一之江」にお世話になることを決めました。

ご入居された感想はいかがですか。

N様
娘は福井に嫁いでいるため、妻と2人暮らしの時は、買い物やお料理を作るなど日常生活は私一人で賄っていました。その時は当たり前と思っていましたので、特に苦にはなりませんでしたが、この先も続くことに娘も心配していたのだと思います。こちらに入居して1年ほどになりますが、肩の荷が少し降りて、ゆったりとした生活を楽しめるようになりましたし、スタッフのみなさんも親切なので居心地が良いですよ。

コーラスがご趣味だそうですが、
現在も続けていらっしゃいますか。

N様
ええ、私と妻の共通の趣味ですから、今後も続けていきたいと思っています。大学生の頃、妻も私も同じアマチュア合唱団に入っており、以降、機会があればコーラスを親しむようになり、近年は市川市のアマチュア合唱団に参加しています。合唱団の仲間がホームに訪ねてきたり、ホームの一角で合唱の練習をしたり、入居前と変わらず大好きな合唱を楽しんでいます。

合唱を披露されたことはありますか。

N様
昨年の9月に、「アズハイム一之江」で開かれた納涼祭で、ホームに入居されている皆さんに合唱団の歌声を聞いていただきました。今年の4月には、定期的に開催している東京学芸大学のOB合唱団のコンサートを、600席ぐらいの大ホールで開催し私も参加しました。娘や孫たちも聞きにきてくれて嬉しかったですね。
昨夏ホームで実施された納涼祭での合唱際の様子

普段の練習はどうなさっていますか。

N様
アズハイムでは、体調の許す限り外出が可能ですので、体調に合わせて練習にも参加しています。私は部屋にキーボードを持ち込んでいますので、時々、発声練習をしたり、楽譜のチェックも行っています。

見出し:「アズハイム一之江」の魅力を伝えていただけますか。

N様
スタッフさんひとひとりの人間性がいいですね。優しくしてくださって、とても居心地が良いです。自分自身に対してもそうですが、入居されている皆さんをスタッフの方々がきちんと理解してサポートしてくださっているのが伝わってきます。安心して入居し、毎日が楽しめるのが一番の魅力だと思います。

ご入居者の素顔

ホーム長
N.T様は奥様思いでとても優しく紳士的な印象です。当ホームに入居される際に、ご自宅で使用していたレトロ調のアップライトピアノを寄贈してくださいました。入居されている方々が自由に演奏できるように、そのピアノをロビーに置き、当ホームの癒しのひとつになっています。インタビューの中にもありますが、2023年の当ホームの「納涼祭」には、N.T様が参加されている市川市の約30名の合唱団の方々に美しいコーラスを披露していただきました。今後は、N.T様のご協力を得て「アズハイム一之江合唱団」を結成できれば、ホームライフがさらに充実するのでは考えています。

その他のインタビュー